1. TOP
  2. キャンセル規定

キャンセル規定

長期生の場合

ビザ申請書類提出後 選考料の返還はできません。
入国管理局から在留資格認定証明書が交付された後 選考料の返還はできません。
入国ビザを取得した後、来日以前に入学を辞退 選考料と入学金の返還はできません。
現地の日本大使館・領事館によってビザ発給が拒否されたら 選考料と入学金の返還はできません。
授業開始後のキャンセルの場合 1学期分(3ヶ月分)の授業料を申し受けます。
入学を延期した場合 延期した期間の授業料はそのまま返還できません。

短期生・聴講生の場合

授業開始前の場合 キャンセル料として5,000円を申し受けます。
個人の事情で授業期間を変更する場合 キャンセル料として10,000円を申し受けます。
その他 現地の大使館でビザが不交付の場合、選考料は返還できません。

個人レッスンの場合

  1. 原則として当校の受付窓口か電話でレッスン1日(24時間)前までにお申し出ください。
  2. メールによるキャンセルの場合レッスン3日前までにお申し出ください。
    学生(キャンセル届け出メール)→ 本校(確認メールの送信)→ 学生(確認メールの返信)→ 手続き完了
  3. キャンセルの届け出を受理した後、日程調整の上、振替レッスンを行います。
  4. 上記の内容を守らなかった場合その日の授業料の返還、振替レッスンはできません。
事務局の電話番号:03 – 5380 – 5011  メール:office@topa21.co.jp
教務室の電話番号:03 – 5380 – 3266